三度の緊急事態宣言!

とうとう、三度目の緊急事態宣言が発出されることになりました。

最近の、福岡県の感染者の状況はとんでもない数になっていて

心配していました!

ゴールデンウィークは、娘にとって暇で退屈な時間では無く

どうにか、楽しめていたのですが、やっぱり用心が足りないなあ~~~

と、反省・・・・・

それにしても、なんでこんな状態になっているのでしょうね・・・

とにかく、ワクチンが遅い!!!!

アメリカの娘と婿殿はもう2回接種したそうです。

2回目がきつかった、と言っていました。

まだ、何にも知らせも来ていない、と言うとびっくり

していました。

やっぱり、政府の引っ張っていく力が弱いのではないでしょうかねえ~~~

オリンピックにこだわっているから・・・・・

国民に、ご理解とご協力を求めるばかりで、政府として、行政としての

道筋や強い指導力が感じられないのは私だけでしょうか・・・・・

娘は今週からまた、休みを入れながらの通所にしました。

夫もおそらくテレワークになるでしょう・・・・・

どこまで、いつまで我慢をすれば良いのでしょうか・・・・

嘆きばかりが、出てしまいます。

DSC_0002.JPG

母の日のプレゼントです。夫がお付き合いで買ってくれました。

娘は、お花が終わった後の、ぬいぐるみの熊をねらっています!

ゴールデンウィーク

長いゴールデンウィークが終わり、娘も夫もお仕事!

やれやれ・・・・・

ところで、4月28日は育成会の総会の予定でした。

毎日、資料の作成やらなんやらで忙しく、ブログも

なかなか書けませんでした。(心の中でのいいわけ・・・)

しかし、コロナの感染者が急増したため、結局は中止に!

当日、委員会が開かれ、委員会での承認、ということで総会は

終了しました。

昨年の活動は、ほとんど出来なくて、冊子「未来につなぐ」

だけが結果として残りました。

さて、ゴールデンウィークです!

1日は娘の施設は土曜日出勤でした。

みんなと楽しく過ごして良かったです。

ただ、お弁当を作って欲しい、といわれ

久しぶりに早起きして、腕を振るいました。

写真がないのが残念!

2日はいつも参加している青年学級の総会。

しかし、お世話をしてくださる先生がハプニングで

なんとなく、終わり・・・・

3日は、県境を越えて、空き家になっている夫の実家へ。

高齢者なので、車で行くにも休憩を何度も取って行きました。

空き家になる、ということは本当にわびしい物です。

4日は自宅でゆっくり。

5日は娘がどっか行きたい!!とうるさいのでドライブに。

糸島方面をうろうろしました。午後からは天気もよくなり

気持ちの良いドライブでした。

最後に、伊都菜菜でソフトクリームを食べて満足でした。

考えて見たら、結局家でおとなしくしてはいなかったみたいで・・・・

こんなでいいのだろうか???と反省しきりのゴールデンウィーク

でした。

DSC_0001 (6).JPG

伊都菜菜で買ったお花。涼しげできれいです!

古希

70歳になりました。古希、です!

障害のある娘の親になって45年が経ちました。

最近、時間がたっぷりあるせいか昔のことを

いろいろ思い出します。

娘に障がいがあることが初めてわかった日のこと。

なんとかしなくちゃ、なんとかしなくちゃ、という

思いが娘の心を追い詰めていった日のこと。

春日に引っ越してきて、たくさんのお母さんたちに

支えられて、ずいぶんと心が軽くなっていった日のこと。

娘の将来を案じて、がむしゃらに動いていた日々。

たくさんの病気にかかり、そのつど友達にお世話に

なったこと。などなど・・・・・・

今、コロナのこの時代に、時間だけはたっぷりあって

これからの事も思います。

確かに法律はずいぶん整備され、障がいのある人たちの

生活は変わってきました。

でも、まだまだ娘の将来にしっかりとした安心感は

ありません。

古希になってもまだまだ、動かないと行けないのでしょうか・・・・

「健康保険高齢者受給者証」はしっかりと来ました。

私はもう、本当の高齢者なのです!

DSC_0043.JPG

誕生日にいただいたお花。美しい!!

娘からは、名前の入ったワインが贈ってきました!!!!

少しお酒は控えようか、と思っていましたが

たしなむ位には飲むことにしましょう!





パラリンピック  採火式

東京パラリンピック採火式の会場として

津久井やまゆり園跡地が検討されているそうです。

あの事件からまだそんなに時間が経っていなくて

裁判は確かに終わったけれど・・・・・

主催者や関係者は

この事件を風化させない、そしてこれから前向きに

進んでいく、という決意の表れとして検討したそうです。

そうかなあ~~~~

確かに関係者としての、前向きな意識と取り組みが

あったかもしれませんが、遺族の感情としては

どうでしょう????

私なら、何年経っても、ここで娘が息子が殺された

という思いは消えることが無いと思います。

そういう思いをいつまでも引きずってはいけないのかも

しれませんが、でも、それが家族の心情なのです。

採火式、という晴れの舞台を作るよりも、

いつまでも忘れられないようモニュメントや、新しい

施設の有り様を作って欲しいな、と思います。

パラリンピックは障害のある人たちにとって

やはり最高の舞台でしょう。

津久井のこの場所が本当にふさわしいのか?

考えてしまいます。

DSC_0033 (2) - コピー.JPG

ドウダンツツジです。小さな可憐な花を咲かせます。

昨日の雨でずいぶん散ってしまいました。

検査入院

心電図が良くなくて、検査入院になりました。

最初は2泊3日、悪ければ1週間、と言われました。

でも、行ってみるとその日に検査。異常は無く次の日に

退院でした。1泊2日。

今回は、夫の仕事の暇な余裕のある日程でしたので

ヘルパーさんをお願いしませんでした。

娘と夫でなんとか1泊2日を過ごしました。

まあ、今回これくらいの入院でしたが

みんながいつもいっているのは

急な入院などになると本人たちをどうしたら良いのだろう?

と言うことです。

お友達のお母さんは、お父さんが朝急に動けなくなり、

救急車で病院に運んでもらったけれど、娘を一人残して

ついて行くわけにはいかず、付き添えなかった、と

いっていました。

親は病気にもなれません。

急な対応も出来る、柔軟な対応ができるシステムが

あると、安心です。

DSC_0053.JPG

姫リンゴの花です。もう散ってしまいました。

小さな実がなりますが、食べたことはありません。

おいしいのかなあ~~~~

選挙

期日前投票に行って来ました。

娘は今回の選挙の投票は棄権です。

だいたい、今までの選挙には娘も投票に行っていました。

今回、当日に私たち親が不在のため行けません。

期日前投票に行こう、と誘ったら、

私はお仕事に行きます、と言い棄権となりました。

いつも思うのですが、娘にとって選挙、と言う物が分かっているのかな?

私たちが選挙で選んだ人が市や県や国の政治を動かしていくんだ。

誰を選んだら良いのか????

選挙公報は難しくて読みません。

国民の権利であり、義務だからいくのよ!と

連れっていっていますがどこまで理解して投票しているのか

疑問です・・・・・

投票会場では、職員さんがちゃんと支援してくれますが、

誰に投票するかは自分で決めなくてはならないので

ちょっとそこが問題・・・・

投票する、と言う行為はできても

その意味がわからないという娘です。

DSC_0052.JPG

まんさくの花です。もう満開を過ぎて散り始めています。

今年はいろいろな花が咲くのが早くて

私のブログのアップが間に合いません。

ケータイ

今日から4月!新年度が始まりました。

娘の通う事業所も、職員さんの退職があり、利用者さんが

就労が決まり退所。昨日までは、いろんな別れがありました。

今日から、新しい利用者さんも入り、職員さんの移動もあり

新しい気持ちでの日々になります。

娘の在宅就労も終わりました。これから毎日今までどおり

通所します。(やれやれ・・・・・)

さて、私の携帯を駐車場で落とし、ガラス面にひびがはいって

しまいました。修理に出している間、代わりの物を借りていましたが

似たような携帯でも、使いかってがちがい、しっくりこなかったです。

シンプルスマホで使いやすい物ですが、とにかく良くお役に立っています。

娘のスマホは私のよりずっと、高級な普通のスマホ。

使いこなしているのか、時々心配になります。

何に使うかというと、ゲームです。暇さえあれば、ゲームを

しています。ピコピコ、とにかくうるさい!

まあ、それでも好きなことがあるのは、まあ、幸せかな、と

思い様子を見ています。

我が家の携帯料金はとても高額になっています!!

DSC_0047.JPG

つるニチニチソウ。北側の寂しい隙間にも頑張って咲いています。

強い花です。

障害者への虐待

2019年度の全国の障害者への虐待は、2737件だったそうです!!!

過去最多だった前年度より8件減。

被害者数は3169人。そのうち2人が亡くなっています。

相談・通報は9110件で、前年度より533件多く、過去最多だったそうです!!!

虐待と判断されたうち、家族など養護者によるものは1655件。

障がい者福祉施設の職員らによるものが、547件

職場の関係者によるものは535件だったそうです。

家族らの虐待では、身体的虐待が63.9%

心理的虐待29.5%。経済的虐待20.7%、

施設職員らの虐待では、身体的虐待52.7%

心理的虐待40.0%。性的虐待13.2%

この報告を聞いて唖然とします・・・・・

まず。家族等の虐待は何故起こるのか?

障がいのある人たちと暮らしていくことは、確かに

大変です。精神的にも経済的にも・・・・

そんなとき、やはり周りの人たちや関係者が

相談に乗ったり、公的援助を受けるための手立てを考えてくれると

どんなに良いでしょう・・・・

何度も言って来ましたが、とにかく虐待をしそうになったら

困ったらとにかく、相談してください!

施設の虐待は、もう何をか言わんや!です。

施設職員になるときに、安易に障害のある人たちとの生活を

考えていませんでしたか?

障がいのある人たちも立派な人格を持ち、強い意志を

持っています。そういう人たちと関わる事を簡単に考えていません

でしたか?

とても辛い話です。いつになったら虐待、という話題が無くなるのでしょう・・・・

DSC_0048.JPG

暖かな陽気で、もう桜が散り始めています。そんなに駆け足で

季節が変わっていかなくてもいいのに・・・・

障がい者、障害者、障碍者・・・・

今読んでいる本「始まりの木」

民俗学者の主人公は事故で左足を悪くし、本人曰く

「障碍者」と言っています。

また、先日の新聞でも「障碍者」の標記の方が、納得が

いく、という本人さんの投稿がありました。

私たち育成会では、障がいのある人たち、という表現を

多く用いています。あるいは、障がい者。

私は、そんなのはどうでもよい、という事で、最近は

障害者、を使うことが多いです。

私は、根本的に、「しょうがい」という標記がなくなれば

一番良いと考えます。

事故があっても、事件があっても「しょうがいしゃの何々さん」

「しょうがい」を乗り越えた何々さん。「しょうがいがあっても

がんばる」何々さん。こうした表現がなくなれば良いのに・・・・

一人はひとり。なぜに「しょうがいのあるひと」だけが、一言、説明が

つくのでしょうか?

社会が、人々が、まだまだ「しょうがい」のあることを特別なこと、

違うこと、ととらえているからでしょうか・・・・

頑張る人は、だれでも頑張る!苦しい人は誰でも苦しいことがある・・・・

地域で暮らす中で、「しょうがいのある」という冠言葉がつくこと無く

一緒に暮らしていけるといいのに・・・・

まあ、そんな考えで、どんな標記を使ってもいまはどうしようも無いなあ~

と考えるこの頃です。

DSC_0046.JPG

こぶしの花が散り始めました。花々が咲き始め、春も本番となりました。


コーヒーからつながる地域

夕方、テレビから流れてきた情報。

福祉作業所が、地域のコーヒー屋さんや、カフェなどから

焙煎したけど使えない豆や、コーヒーの出した後のかす

を集めて、使えない豆は一応煮だし、そのかすも一緒に乾燥。

それを他の県の肥料会社に送り、鶏糞と一緒に新たな肥料として

販売している、と言うことでした。

いいなあ、この取り組み!

作業所の利用者さんは、集めに回ることで地域の人たちとつながり、

残ったかすは、肥料としてまた、自然に還り・・・・

いろいろな人と物がつながっていっています。

こんな活動は私たちの地域では出来ない物なのかなあ???

障がい者の仕事というと、清掃、軽作業、そして最近では

オリジナルな創作作品への取り組み、等がありますが

コロナのせいでしょうか、どこも仕事の確保と利益をあげていくことに

大変なようです。

娘たちの事業所も集客が難しく、利益を上げるのが大変なようです。

緊急事態宣言が解除され、娘たちの施設の喫茶もオープンされたようです。

これから、また、新たな人のつながりやお仕事の展開があると

うれしいなあ!

ゆっくりとした一日・・・・

久しぶりに、娘も夫もそれぞれお仕事、私も何の予定も無く

ゆっくりとした一日・・・・

コーヒーを飲みながら朝刊をゆっくり丁寧に読み・・・・

色々考えて見ます。

オリパラの騒動は何なんでしょう・・・・

私は一瞬、え!私のこと!?と思いました。

いろいろな会議に出ていますが、それにはちゃんと準備をし

しっかりと意見を述べることが大事だと考えています。

また、委員に女性を入れないと、と言ってバタバタと増やそうとして

いますが、そのポジションに必要な人材であれば、女性だろうが

男性だろうが関係ないのでは・・・・

なんか、動きが違うなあ~~と思います。

ワクチンの接種が始まりました。

高齢、持病がいっぱい、高リスクの私は接種を心待ちにして

います。もちろん副反応は考えますし怖いです。

でも、それ以上に自分がコロナにかかってしまうことの恐怖のほうが

大きいです。軽微な副反応には十分対応できるみたいだし

もし、重篤になったら、それはそれで、医療の世界に記録される貢献が

あるのかな?と考えます。

まあ、十分な治験ががなされていない怖さはありますが、今は

それが一人の市民として出来る事ならば接種しようと思います。

どちらにしても、ここまで罹患することなく穏やかな日々が送れたことを

感謝しながら、次のステップに進めたら、と思います。

アメリカの娘たちは、PCR検査も十分出来ますが、ワクチンの接種は

いつになるか分からないそうです。ワクチンが足りない、とかで・・・・

楽しい話題がないなあ!と思いながら、一日が過ぎていきます・・・

庭のぼけの花が満開です。この後にまんさくの花が咲き始めます。

もう、春ですね!

DSC_0041.JPG

相談することの大切さ・・・・

暖かな日が続き、梅の花は満開になりました。

今日は強風にあおられて、花が舞い散っています。

新聞で、せつない記事を読みました。

奈良県で、知的障がいのある娘の介護に母親が大変で

それを見かねた父親が、娘を車に乗せて湖に飛び込んだそうです。

溺れるとおもって父親は這い上がってきましたが、娘さんは

亡くなりました・・・・・

無理心中と言われるようなことですが、なぜ、このようなことが

起こるのでしょうか・・・・

これは、はっきり言って、殺人ですよ!

娘さんの人生を無くし、残された母親も普通の感情では

いられないでしょう・・・・

障害のあるひと本人たちや、親御さん、関係者の長年の

努力で、障がい者を取り巻く環境は隔日に改善されて来ています。

特に、相談支援は様々な形でされています。

1月の「ステージINかすが」も相談することの特集を組みました。

決して、一人では、家族だけではないのですよ!

一歩踏み出して、市役所や社会福祉協議会、てをつなぐ育成会などに

声を掛けてください!

みんなで知恵を出し合って、支えていくことを必ずします。

昔から、何度も、何度もこのような事件の報道を見てきました。

もう、おしまいにしましょう!!!

一人では、ありません。誰かがそばにいますよ・・・・・

2月7日

今日は、2月7日。

本当なら、緊急事態宣言が終わる日でした。

しかし、状況はなかなか良くならず

宣言は延長されました。

初めて宣言が出された昨年は

とにかく不安がいっぱいで街中に人の姿は

見当たりませんでした。

(私が見に行ったわけではありませんよ。テレビで

見ていた様子です)

買い物も、何日分かまとめて買い出しに行きましたし

外出は、散歩に出るだけでした。

それが、二度目の宣言の今回

まあ、スーパーの売出しにはいっぱいの人だし

(何気に買い物に行って驚きでした!)

出勤風景もいつもと変わらないし………

(これはテレビで見ました)

飲食関係の方達は、本当に大変だと思います。

我が家も、食べ歩きが大好きですが、

外食は全くしなくなりました。

あそこのうどんが食べたいね〜〜〜

あっちのラーメンが食べたいね〜〜〜

我慢の日々です。

娘も、どこに着ていくアテもないから

洋服を買う気にもならない、と申します。

来月、本当に解除になるのでしょうか……………

もう少しも、頑張り、踏ん張り、と思って

日々を過ごすことにしましょう!!!!!

資源回収倉庫、リニューアルオープン!!

昨年、社会福祉センターの駐車場の改修のため、資源回収倉庫は

一時、休止させていただいていました。

今日から、いよいよ新しくなった倉庫の活動が

開始します!!!!

駐車場の入り口すぐの左手、わかりやすい所にあります。

DSC_0026.JPG

以前のものより少々小ぶりではありますが、きれいな倉庫です。

DSC_0027.JPG

きれいに大事に使っていきたいと思います。

アルミ缶は倉庫の左手奥に置き場所があります。

今回は外を通る人たちからも見やすいところなので

安全対策をしっかりとり、清潔な環境を維持していきたいと思います。

ようやく倉庫が出来ましたので、これからのご協力、お願いいたします。

未来につなぐ!

昨年から取り組んでいた、冊子

「未来につなぐ  ~笑顔でコロナの刻を暮らす~」

とうとう完成しました!!!!

DSC_0010.JPG

表紙の絵は、どらえもんの会のメンバーさん。素敵でしょう!

DSC_0012.JPG

DSC_0014.JPG

会員さんたちのメッセージや作品、写真などが載っています。

暖かな雰囲気の冊子になりました。

本を作る、と言うことを甘く見ていた私たちは四苦八苦。

何回もの校正に気長に付き合ってくださった印刷屋さん、ありがとうございました。

今日、早速会員さんには発送しました。

ゆっくり何度でも、眺めてくださいね!!

とにかく、うれしいなあ!!!

加湿器

1月にしては暖かい、と言いながら

やっぱり寒い!!!

暖房はしっかり入っていますが、コロナ対策

として、加湿が大事だそうな!

みんながいるリビングは、娘も私も花粉症ということも

あり、加湿器付き空気清浄機があるので、大丈夫。

そこで、それぞれの部屋にも加湿器を置こう、という

ことになりました。

2817C3C9-6FD2-4BCE-BFC1-139C642622C9.jpeg

わんこのが、娘の部屋のもの。背中に大きな穴があり

そこに水を入れます。素焼きの本体から蒸発されます。

右のシロクマが私たちの部屋のもの。

ガラスのコップの水をシロクマが蒸発していきます。

どちらも1500〜1600円位。

お部屋のインテリアにもなるかわいい加湿器です。

最近は巣篭もり生活のための、色々なグッズが

販売されています。

楽しみながら、慎重に暮らしていきたいですね!

食べる、ということ。

朝日新聞1月20日夕刊1面の記事です。

家族と同じ食事を、圧力釜を応用した家電で、やわらかく

して食べることが出来るそうです。

「ギフモ」という京都にある会社が作った「デリソフター」

病気や加齢で食べ物の飲み込みが難しい人たちが、家族と

同じ食事を食べやすくできるので、大変便利な家電だと

思いました。

育成会の重症心身障害児者部の「手のひらの会」が

昨年11月に介護食の研修会を開いたので、参加しました。

介護食、というと手間暇がかかり大変!と思って今したが、

今は補助的ないろいろなとろみ剤や補助剤があり上手に

使えば、大変便利だと感じました。

そのときに圧力鍋のことも出ましたが、今回のは

それをさらに改良したものです。

買ってきた弁当などを炊飯器のようなデリソフターに入れると

味や形はそのままで軟らかくなります。

2020年7月に4万3千円で発売され、すぐに100台も

売れたそうです。

この家電を考え出したのは、自分の介護体験からだそうです。

わざわざ別の食事を用意してもらうのは、高齢者には気持ちの上で

負担でしょうが、これなら一手間、ですから家族も

本人も楽でしょうね!!!

障害のある人たちにも、嚥下や咀嚼が苦手な人が多いので

きっと役に立つ家電なのではないでしょうか!




緊急事態宣言、ふたたび・・・・・

12月頃から、感染者が増えているのが気になっていましたが

とうとう、再度、緊急事態宣言が発令されました。

最初の時は、何が何やらわからず、とにかく最大限の対応をしました。

今回は、あのような緊張感がないのは何故でしょう・・・・?

前回は娘は全休しましたが、今回は週に3日通所します。

じっと家に居ることが、娘にとってどんなに良くない影響があるのかが

分かっているし、私たち家族も大変だ、ということがいやと言うほど

経験から分かっています。

娘にとって、やはり外の社会とのつながりは大事なことなのだと

つくづく思います。

でも、余暇活動は殆ど出来なくなりました。

その分、せっせと歩くことにしましょう!

政府がいうように1ヶ月で落ち着くとは思えませんが、

とにかく、今できることを、しっかりとやっていきましょう!

寒い、とにかく 寒い!!!

1月7日、雪の降る前に今年初めの委員会を、といことで・・・・

コロナのおかげで活動は殆ど停止状態。

今、全力を注いでいるのは、私たちのアルバム作り

タイトルは

「未来に繋ぐ~笑顔でコロナの刻に暮らす」

第2校の修正も済み、ずいぶんと素敵な冊子が出来つつあります。

乞う、ご期待!!!

さて、その後雪はしんしんと降り続け、翌朝は真っ白!

DSC_0007.JPG

娘は臨時の休所、もともと休みの夫と家族3人冬眠・・・・・

初めて給湯器に凍結防止のランプがつきました。

翌日も雪・・・・・

以前雪道で滑って転んだ経験のある私は信用がなく、夫がリュックサックをしょって

買い出しへ。

庭では鳥たちが餌が無いために、さえずり続け、エサ、みかん、エサ、みかん・・・・

雪の中、ミカンを枝に刺してあげました。トホホ・・・・

そんなこんなで、ようやく今日はみなさんお仕事へ。

二度目の冬休みでした。

皆さんはどう過ごしていらしたのでしょうね???

ゲーム三昧、ふて寝三昧、ぼ~~~~~っとしているだけ・・・・・

どうしようもないのだけれど、じっとしていられると、

なんかせんかい!!と思うのは無理な親心でしょうか・・・・・

2021年の始まり!!

あけまして、おめでとうございます。

2021年1月4日。今日から仕事始めで、家族は久しぶりにみんな出かけました。

皆様、どのような年末年始を過ごされましたか?

ちょうどクリスマスあたりから」第三波が本格的になり

我が家は、買い物以外どこにもいかず、家にこもっていました。

大変な寒さもあり、家に居るのが一番ぬくぬくして、

居心地が良かったです。

さて、今年もまた、大変な年になりそうな予感が・・・・

ちょっと感染者が増えましたので、娘は隔日での通所にしました。

自分で帰ってくるのも、バスは止めて歩いて帰ってくることに・・・

健康にはそのほうが良いのでしょう・・・・

育成会は、昨年から準備していたアルバムがいよいよ完成します。

ワクワクしてみんなで、待っています。

それからご不便をおかけしていました、資源回収倉庫が新しく

出来ました。社会福祉センター駐車場の中にあります。

まだ準備などができていませんので、使用開始になりましたら

改めてお知らせします。

育成会らしい活動を今年も続けて行けたら、と思っています。

皆様のご理解ご協力を、本年もよろしくお願いいたします。